MENU

メジロ

①メジロ(撮影:会員)
生 態

京都府全域の市街地の公園や社寺林、雑木林、低山などで普通に見られる。
住宅地の庭にも飛来し、花の蜜を吸ったり柿など木の実を食べる。
地鳴きは「チー、チー、チー」、さえずりは早口で「チーチュル、チーチュル、チョルチー」。
これを「長兵衛、忠兵衛、長忠兵衛」と聞きなす。

大きさ・体色
全長:11.5cm 雌雄ほぼ同色
出現頻度
◎:京都府内で普通に見聞される
渡り区分
留鳥:年間を通して京都府内に生息している鳥
学 名
Zosterops japonica
英 名
Japanese White-eye
メジロ科
探鳥会月別出現確率(2000~2014年の探鳥会での出現率を月別に示したもの・例…0.3は30%)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
確率 0.8 0.8 1.0 1.0 0.9 0.9 0.8 0.5 0.7 0.8 0.7 0.8
写真図鑑
②メジロ(撮影:会員)
③メジロ(撮影:野村明)
動画図鑑
①メジロ
鳥ビア

メジロ張り
京都の二条城には「ウグイス張り」の廊下があります。人が歩くと「キュルキュル」と鳴ることで、防犯効果を発揮する仕組みです。
しかし、「キュルキュル」と鳴くのはウグイスではなくメジロ。しかも警戒する時に発する声で、まさに防犯の意味にぴったりです。
 
にもかかわらず「ウグイス張り」と命名したのは、当時ウグイスとメジロが混同されていたからでしょう。花札の「梅にウグイス」は実際は「梅にメジロ」であること、ウグイス色はメジロの体色であることはバードウォッチャーの常識。
この混同が、本来「メジロ張り」とするべきところを「ウグイス張り」と命名させたのではないでしょうか。 

本サイトに掲載している野鳥などの画像および映像の著作権は撮影者に、テキストや調査データなどの著作権は当支部に帰属します。無断使用はお断りします。
Scroll Up