MENU

ミサゴ

①ミサゴ(撮影:竹本正雄)
生 態

北半球全体に広く分布し、わが国では主に北日本で繁殖する魚食性のタカ。
府内では冬期に日本海沿岸で普通に生息するほか、秋の渡り時期には内陸部の河川や池にも現れ、羽数は最も多くなる。
府内でも繁殖が確認されているが、近年、繁殖地の激減により個体数の減少が懸念されている。

大きさ・体色
全長:♂54cm・♀64cm 翼開長:155~175cm 雌雄ほぼ同色
出現頻度
〇:京都府内で見聞の機会が比較的多い
渡り区分
留鳥:年間を通して京都府内に生息している鳥
学 名
Pandion haliaetus
英 名
Osprey
ミサゴ科
京都府RDB
月別記録回数(主に2000~2015年に報告された記録のみを月別に集計したもの)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
回数 20 8 11 4 4 4 1 9 9 13 15 14
写真図鑑
②ミサゴ(撮影:野村明)
③ミサゴ(撮影:野村明)
動画図鑑
①ミサゴ(2013年1月16日・阿蘇海)
鳥ビア

みさご鮨
本種の英名は、米軍機の配備で問題となったOspreyですが、別名Seahawkとも呼ばれます。その名のとおり海や河川の近くに生息し、魚を捕食します。
 
ミサゴが持ち帰った魚が巣で自然発酵し、それを人間が取って食べたのがお鮨のルーツであるという説があります。曲亭馬琴の『椿説弓張月』などにそう書いてあるそうで、「みさご鮨」という言葉が辞書にも載っています。
「みさご鮨」という名前のお鮨屋さんが多いのはこのためだそうです。

本サイトに掲載している野鳥などの画像および映像の著作権は撮影者に、テキストや調査データなどの著作権は当支部に帰属します。無断使用はお断りします。
Scroll Up