MENU

ホオジロ

①ホオジロ♂(撮影:野村明)
生 態

日本全国の平地から山地に生息する留鳥。
京都府内でも河川の草地、低木林、山地などで普通に見られる。
繁殖期にはオスが木のてっぺんや枝先、電線などで胸を反らせてさえずる。
その声を「一筆啓上仕り候」とか「源平つつじ白つつじ」と聞きなす。地鳴きは「チチッ、チチッ」(動画図鑑参照)。
冬は低山、山麓、平地などで小群を形成することが多い。

大きさ・体色
全長:16.5cm 雌雄別色(動画図鑑①参照)
出現頻度
◎:京都府内で普通に見聞される
渡り区分
留鳥:年間を通して京都府内に生息している鳥
学 名
Emberiza cioides
英 名
Meadow Bunting
ホオジロ科
探鳥会月別出現確率(2000~2014年の探鳥会での出現率を月別に示したもの・例…0.3は30%)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
確率 0.6 0.6 0.6 0.8 0.6 0.8 0.2 0.2 0.3 0.4 0.6 0.6
写真図鑑
②ホオジロ♂(撮影:野村明)
③ホオジロ♂(撮影:野村明)
動画図鑑
①ホオジロ(♂と♀・地鳴き・さえずり)(2008年7月6日・芦生/2013年1月20日・花脊 他)
②ホオジロ(さえずり)(2016年2月18日・宇治川)
本サイトに掲載している野鳥などの画像および映像の著作権は撮影者に、テキストや調査データなどの著作権は当支部に帰属します。無断使用はお断りします。
Scroll Up