MENU

コヨシキリ

①コヨシキリ(撮影:会員)
生 態

夏鳥として渡来し、主に中部地方以北の平地または高原の湿地、草地などで繁殖する。
府内では主に旅鳥として春、秋に水辺や湿地の茂みで観察される。
1985年7月に巨椋干拓地で繁殖の記録(ひな5羽確認)があり、宇治川河川敷で繁殖期に記録されている。

大きさ・体色
全長:13.5㎝ 雌雄同色
出現頻度
△:京都府内では見聞の機会が少ない
渡り区分
旅鳥:春秋の渡り時期にのみ京都府へ立ち寄る鳥
学 名
Acrocephalus bistrigiceps
英 名
Black-browed reed-warbler
ヨシキリ科
月別記録回数(主に2000~2015年に報告された記録のみを月別に集計したもの)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
回数       1 4 2     1 6    
本サイトに掲載している野鳥などの画像および映像の著作権は撮影者に、テキストや調査データなどの著作権は当支部に帰属します。無断使用はお断りします。
Scroll Up