MENU

コブハクチョウ(外来種)

①コブハクチョウ(撮影:野村明)
生 態

ユーラシア大陸南西部原産。飼育されていた個体の子孫が野生化したと考えられている。
府内では、左京区国際会館などの池で放し飼いにされており、京丹後市久美浜町離湖には野生化した個体が飛来したことがある。
府内において野生下での継続的な繁殖は確認されていない。
外来種番号なし。
京都府外来種カテゴリーでは、準被害危惧種(京都府内において今後被害が起こる可能性があり、対策を検討する必要がある外来種)。
詳細は国立環境研究所のページを参照

大きさ・体色
全長:160cm
学 名
Cygnus olor
英 名
Mute swan
 カモ科
本サイトに掲載している野鳥などの画像および映像の著作権は撮影者に、テキストや調査データなどの著作権は当支部に帰属します。無断使用はお断りします。
Scroll Up