MENU

カシラダカ

①カシラダカ(夏羽♀)(撮影:会員)
生 態

冬鳥として日本全国に渡来する。
京都府には10月下旬に現れ、農耕地、河川敷、低木林などで越冬。
数十羽の群れで行動し、地上の草の種などを食べる。
厳冬期の府北部での観察例は少ない。
地鳴きは細く金属的な声で「チッ」、さえずりはヒバリに似ている(動画図鑑②参照)

大きさ・体色
全長:15cm 雌雄別色
出現頻度
◎:京都府内で普通に見聞される
渡り区分
冬鳥:秋に京都府へ渡来して越冬し、春に渡り去る鳥
学 名
Emberiza rustica
英 名
Rustic Bunting
ホオジロ科
探鳥会月別出現確率(2000~2014年の探鳥会での出現率を月別に示したもの・例…0.3は30%)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
確率 0.4 0.3 0.3 0.0   0.0 0.2 0.3
写真図鑑
②カシラダカ(冬羽♂)(撮影:野村明)
動画図鑑
①カシラダカ(1990年2月2日・巨椋干拓地)
②カシラダカ(さえずり)
本サイトに掲載している野鳥などの画像および映像の著作権は撮影者に、テキストや調査データなどの著作権は当支部に帰属します。無断使用はお断りします。
Scroll Up