MENU

アカアシミズナギドリ

生 態

南太平洋西部のオーストラリアやニュージーランドなどで繁殖し、初夏に日本列島の太平洋沖を北上するが、沿岸部で観察されるのはごくまれである。
府内では、保護された1例の記録がある。

大きさ・体色
全長:48cm 翼開長:109cm 雌雄同色
出現頻度
X:京都府内では見聞の機会がごく少ない(国内の他の地域ではその限りではない)
渡り区分
迷鳥:本来の生息地や渡りルートから外れて京都府に渡来した鳥
学 名
Puffinus carneipes
英 名
Flesh-footed Shearwater
ミズナギドリ科
月別記録回数(主に2000~2015年に報告された記録のみを月別に集計したもの)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
回数             1          
本サイトに掲載している野鳥などの画像および映像の著作権は撮影者に、テキストや調査データなどの著作権は当支部に帰属します。無断使用はお断りします。
Scroll Up