MENU

比叡山(京都市左京区、大津市 早春・秋季編)

今回は、秋と早春の比叡山に焦点をあてて、京都支部の定例探鳥会コースに沿ってご案内しましょう。

 

秋のつつじヶ丘展望台

このコースは「ケーブル比叡」駅からスキー場跡、つつじヶ丘展望台、国家鎮護石碑の分岐点、山王院、浄土院と進み、西塔駐車場前から東海自然歩道を通って釈迦堂を往復します。そして西塔駐車場からドライブウェイを渡って、向かい側のチェーンの張られた林道(旧青竜寺道)に入ります。この道は、国家鎮護石碑の分岐点につながり、往路を「ケーブル比叡」駅に戻ります。

 

叡山電車の終点「八瀬比叡山口」で下車すると、静寂の中に高野川のせせらぎの音が聞こえてきます。橋の上から川を見下ろすと、カワセミ、カワガラス、セキレイ類が見られます。そして、叡山ケーブルの車窓からもカラ類を始め、渡りの小鳥たちを見ることができます。

 

ススキが綺麗なスキー場跡

総じてサクラが多く植栽されていることもあり、3月の探鳥会でウソを見る機会が多いのもここならでは。「ケーブル比叡」駅前の展望台は、京都市内の眺望とともに、ススキ原にアトリ、マヒワの群れが見られます。
スキー場跡ではホオジロ類、ベニマシコを探すのも一興。リフトの横の斜面を登ると、落葉広葉樹林となり、秋が深まると紅葉のトンネルを縫って歩く「雲母越(きららごえ)」の快適な道が続きます。

 

根本中堂への道を横目に、ドライブウェイの陸橋を渡ると山王院。石灯籠の続く石段を下ると浄土院、ここではキバシリを探したいですね。浄土院ではキセキレイが私たちを歓迎してくれます。釈迦堂への往復は、東海自然歩道(料金所の手前を右手に下る山道)を通ってください。そのまま進むと参拝客と見なされ、拝観料が必要です。西塔駐車場から国家鎮護石碑への道をたどると、ロープウェイ跡の広場に出ます。ここから西に視界が開け、運がよければクマタカの飛翔が見られます。

 

視界が開けたところで上空に注意すると、初秋にはハチクマ、ハイタカ、ノスリなどのタカ類に加えて、カケス、ヒヨドリ、ツバメ類の群れが渡っていくのを見ることができます。10月初旬には、通過するサメビタキやエゾビタキに出会う楽しみもあります。
なおコース途中のトイレは、ケーブル比叡駅、釈迦堂、西塔駐車場にあります。

*地図・画像はクリックすると大きく表示されます。

比叡山(京都市左京区、大津市 早春・秋季編)詳細情報

おすすめ時期
3~7月、9~11月

より大きな地図で 比叡山 を表示
本サイトに掲載している野鳥などの画像および映像の著作権は撮影者に、テキストや調査データなどの著作権は当支部に帰属します。無断使用はお断りします。
Scroll Up