MENU

安祥寺山(京都市山科区)

安祥寺山は如意ヶ岳とともに山科北部を代表する国有林の山で、入山する人が少ない分、静かなバードウォッチングを楽しむことができます。今回はこの山の林道を歩くコースをご紹介しましょう。

 

クリックすると大きく表示されます。

山科駅から北へ30分ほどで毘沙門堂前。川沿いに左へ進み、大文字山登山道を過ぎて少し進むと、林道段之谷線のゲートに着きます。ゲートの脇を抜けて谷沿いに登っていくと、右手に砂防ダムが見えます。林道は左右にカーブしながら高度を上げていきますが、標高約350mの最高点を過ぎると下り坂になり、約1kmで林道本線に合流します。

 

そのまま下っていけば、本線ゲートを経て、毘沙門堂前に戻ることができます。逆に本線を右に登ってゆくと、500mほどで終点に着きます。突き当りの細い山道に入るとすぐに展望台。左右に山科と京都の両市街が見えます。
展望台とはいいますが、実は山火事があって眺めがよくなったのだそうです。展望台からは、日向神宮を経て蹴上に下りたり、大日山を経て大文字山まで縦走することができます。また、段之谷線最高点手前右の山道(尾根道)は、大文字山への最短コースで、ここから約1km歩けば三角点まで行けます。

 

さて、安祥寺山ではどんな鳥たちが見られるのでしょうか? カラ類など、普通種の留鳥は省略しますが、まず、春には渡ってきた夏鳥たち。ツツドリ、エゾムシクイ、センダイムシクイ、クロツグミ、コマドリ、キビタキ、オオルリなどが愛の歌を聞かせてくれます。サンコウチョウやアカハラに出会うこともあります。シロハラ、ツグミ、ルリビタキ、クロジなど、まだ残っている冬鳥たちも姿を見せ、時にはぐぜりが聞けます。

キツツキ類(コゲラ、オオアカゲラ、アカゲラ、アオゲラ)やアオバトも周年よく出現します。アトリ科のウソ、ベニマシコ、シメ、イカルも生息しており、今年の2月には4年ぶりにハギマシコ5羽が記録されました。

 

山科駅から林道ゲートまでは、住宅地を通る道や疏水べりで、ツバメ、ジョウビタキ、メジロ、セキレイ類などに出会えるでしょう。
そのほか、オオタカやノスリなどのタカ類、アオジやミヤマホオジロなどのホオジロ類も期待できます。

安祥寺山(京都市山科区)詳細情報

おすすめ時期
4~5月、10~11月
安祥寺山へのアクセス
JRびわこ線、地下鉄東西線、京阪電鉄京津線「山科」下車、北へ約1kmで毘沙門堂
本サイトに掲載している野鳥などの画像および映像の著作権は撮影者に、テキストや調査データなどの著作権は当支部に帰属します。無断使用はお断りします。
Scroll Up